特別栽培認証

適用の範囲

農産物(野菜、果実)と穀類、豆類、茶等で乾燥調製されたものに適用。

生産の原則

農業の自然循環機能の維持増進を図るため、化学合成された農薬及び
肥料の使用を低減することを基本として
 ①土壌の性質に由来する農地の生産力を発揮させる。
 ②環境負荷をできる限り低減した栽培方法を採用して生産する。

特別栽培農産物とは
地域(都道府県単位)の慣行レベルに比べて、節減対象の化学合成農薬が
50%以下・化学肥料の窒素成分量が50%以下で栽培された農産物です。
(特定農薬や有機JAS規格別表2の農薬はカウントされません)

特別栽培農産物の表示例

農林水産省新ガイドラインによる表示
 一括表示の枠外に表示する場合

特別栽培農産物(特栽)の認証手順

①特栽の申請手順の説明北海道特栽基準農薬北海道特栽基準肥料

②申請書を作成してACOHへ提出する各申請書類はこちらからダウンロード

③検査員によるほ場の検査 ⇒検査日程を検査員と打合せ。申請書、内部規程等を基に実施検査

④検査報告書等に基づき判定 ⇒軽微な指摘などがある場合は、改善報告提出後、認定されます

⑤ACOHに申請料・検査料等の支払い ⇒検査料金

⑥判定が下りて、支払いが終了すると特別栽培農産物の認定書(判定結果)が届きます

⑦特別栽培農産物のシールを貼って表示かできます。

※ご注意※
特栽ほ場は特栽看板が必要です。必ず看板を立ててください。ほ場看板のデザインは用意しあります。ご活用下さい。