ACOH概要

ACOHの正式名称は『特定非営利活動法人北海道有機認証協会 Association of Certified Organic Hokkaido(ACOH)』と言います。通称「アコー」と呼んで下さい。

1999年7月8日に道内の有機生産者が中心となり、亡き北海道中央農業試験場の場長で、野菜博士と呼ばれていた相馬暁先生が初代理事長に就任し、道内のみならず全国の有機農業普及、振興を目的に設立しました。

現在はJAS制度の中で有機JAS認証の検査が業務の中心を成しています。
非常に厳しいJAS法の中での有機の活動ですが、JAS有機の認証希望者だけでなく、
有機農業に興味のある方々にも難しいJAS法を分かりやすく解説するなどの講習会も開催しております。

有機の前段階に特別栽培農産物も積極的に認証活動を行うなど、環境に配慮した自然循環機能を推し進めております。自然、環境、有機のキーワードをテーマに有機農業が全道、そして全国に普及するように活動しております。